HOME   »  【研究】たまにはシゴトしてます   »  【経済理論】マクロ経済学入門など  »  【マクロ】第7回 財政政策とIS曲線の変化

【マクロ】第7回 財政政策とIS曲線の変化

1.財政政策


■政府部門を考慮した時のIS曲線は、以下の式で表すことができる。

  埋め込み画像 1 前回の復習)
 
 ただし、 r :利子率(金利)、 T :租税、 G :政府支出、 Y :国民所得、a:基礎消費、b:限界消費性向、c:独立投資、d:投資の利子弾力性。

■IS曲線とは、財市場を均衡( YD=YS)させる利子率国民所得の関係を表す曲線。(これも前回の復習)



埋め込み画像 2


■ 財政政策(fiscal policy):政府支出Gまたは租税Tを変更することで有効需要をコントロールする政策。

埋め込み画像 3

■ 拡張的財政政策 (積極的財政政策)
…政府支出G拡大・租税T縮小→国民所得Yを増加
■ 緊縮的財政政策 (消極的財政政策)
…政府支出G縮小・租税T拡大→国民所得Yを減少

2.拡張的財政政策と緊縮的財政政策


(1)拡張的財政政策


■拡張的財政政策(積極的財政政策)


 埋め込み画像 4


■政府支出Gが拡大(G→G’)するとIS曲線の縦軸切片((a+c-bT+G))/d が増加

→ IS曲線がにシフト(図7-2) 

→ 同じ利子率r*のもとで国民所得Yが増加(Y*→Y**)

■租税Tが 縮小 (T→T’)したときも同様に、、、同じ利子率r*のもとで国民所得Yが増加(Y*→Y**)


    図7-2 拡張的財政政策(政府支出Gを拡大した場合)とIS曲線のシフト
埋め込み画像 5


(2)緊縮的財政政策

■緊縮的財政政策(消極的財政政策)

  埋め込み画像 6

■租税Tが拡大(T→T’)するとIS曲線の縦軸切片((a+c-bT+G))/dが減少。 
→ IS曲線が  にシフト(図7-3) 
→ 同じ利子率r*のもとで国民所得Yが 減少 (Y*→Y**)
■政府支出Gが 縮小 (G→G’)したときも同様に、、、同じ利子率r*のもとで国民所得Yが 減少 (Y*→Y**)


    図7-3 緊縮的財政政策(租税Tが拡大した場合)とIS曲線のシフト
埋め込み画像 7


<参考文献>大野裕之『マクロ経済学のエッセンス』創成社





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

Jun SAITO(جون سايتو)

Author:Jun SAITO(جون سايتو)
開発金融、企業金融、中東経済 (特に湾岸アラブ諸国、UAE)が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Gulf Arab Economy, Financial Development, Family Business and Islamic Finance.
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)(السيرة الذاتية):作成中
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちらResearch Projects

最近の記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2018年1-3月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる
②【投資】論文2本執筆
③【空費】体重を3kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
15位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterのフォローもお願いします
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア