HOME   »  まずは健全な心身を   »  なんでも読書  »  伊賀国内に合計868箇所の城館

伊賀国内に合計868箇所の城館

和田(2008)を読了。豊富な文献をもとに娯楽小説として書いている。素直に面白いが、解説やうんちくが少ない分(あえて控えられている)分、情報源としては物足りない。あくまで執筆スタイルの問題か。


頭領の百地三太夫や下山甲斐らが伊賀の里の収入を増やすために、織田軍に攻めさせるなどの策を講じるのだが、リスクが高いにもかかわらず見通しが甘過ぎるのが気になった。「策士、策に溺れる」どころではない。

以下、小国内に異常な数の城館と地侍がひしめき合っていることについての記述;

(pp.43-44)この小国の中に現在確認されているだけでも、634箇所の中世城館が存在していたという。さらに未確認のものが234箇所あるらしい。<中略>合計868箇所の城館が伊賀国の中でひしめいていたことになる。
 異常な数である。「勢州軍記」には、戦国期に伊賀の地侍は66人いたとされる。この66人が800超の中世城館を有していたのかどうか。


伊賀の城館めぐりもしてみたい。

<参考文献>
和田竜 (2008) 『忍びの国』 新潮社. Retrieved from 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅん

Author:じゅん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちら

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2017年7-9月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる ②【投資】論文2本執筆 ③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
35位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア