HOME   »  【研究】たまにはシゴトしてます   »  【中東雑記】中東って面白い  »  【中東】アルコール飲料への欲求が文明発展の原動力

【中東】アルコール飲料への欲求が文明発展の原動力

「アルコール飲料を大量に造りたいという欲求が、植物の栽培を加速させた。酒は文明発展の唯一の原動力ではないにせよ、極めて重要な役割を果たしていた」という説(カリー 2017,pp.46)は興味深い。逆説的には、アルコール飲料に対する強い欲求がなければ、文明が発展しにくい可能性があるということか。

中東地域でもイスラム化するまでは(してからもしばらくは)、ビールやワインは健康飲料や労働報酬や奢侈品として広く飲まれていたようだ。古代エジプトでは、紀元前3150年頃には、ピラミッドの建設労働者の報酬としてビールを与えられており、古代バビロニアの紀元前500年の史料にも何十種類ものビールが記録されているそうだ(同 pp.47)。

古代エジプトではビールが醸造されていたというのは聞いたことがあるが、カフカス山脈やザグロス山脈で、古くからブドウ栽培が行われ、約7400年前にはワインが醸造されていたというのは知らなかった。イランでワインというとシーラーズ・ワインというのは聞いたことがある。飲んだことはないのだけど。

イランに行く機会があれば探してみたい。

<参考文献>
カリー. (2017). 「酒と人類 9000年の恋物語」National Geographic 2017年2月号.
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

Jun SAITO(جون سايتو)

Author:Jun SAITO(جون سايتو)
開発金融、企業金融、中東経済 (特に湾岸アラブ諸国、UAE)が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Gulf Arab Economy, Financial Development, Family Business and Islamic Finance.
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)(السيرة الذاتية):作成中
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちらResearch Projects

最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2018年1-3月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる
②【投資】論文2本執筆
③【空費】体重を3kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
18位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterのフォローもお願いします
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア