HOME   »  まずは健全な心身を   »  なんでも読書  »  戦争は、それがどう遂行され戦後の処理がどのようになされたかを追うことによって、当事者である民族の性格が実によくわかるようにできている

戦争は、それがどう遂行され戦後の処理がどのようになされたかを追うことによって、当事者である民族の性格が実によくわかるようにできている

塩野[1992]を10年ぶりくらいに再読中。原稿に引用したりするのは難しいが、示唆に富む。以下、気になった部分の引用;

国内に不安をもつ支配者は常に、対外関係を確かなものにしようと努める。タルクィニウスはその相手を、第一には近隣のラテン族に、第二はエトルリアの諸都市に求めた(pp.105)。

植民という形で海外に飛躍したギリシア人たちは、母国から、ギリシア語とギリシアの宗教と、進取の気性と独立への執着、だけをもってきたのではなかったか。しかし、母国と植民都市のこのありようは、ギリシアとローマを分つ特質の一つでもあった(pp.150)。

しかし、改革というものは、改革によって力を得た人々の要求で再度の改革を迫られるという宿命をもつ。「ソロンの改革」も、この宿命から無縁ではいられなかった(pp.156)。

戦争は、それがどう遂行され戦後の処理がどのようになされたかを追うことによって、当事者である民族の性格が実によくわかるようにできている。歴史叙述に戦争の描写が多いのは、人類があいも変らず戦争という悪から足を洗えないでいるからというよりも、戦争が、歴史叙述の、一言ってみれば人間叙述の、格好な素材であるからだ(pp.177)。



ただ、全巻読むには相応の時間がかかるので覚悟が必要。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅん

Author:じゅん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちら

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
2017年4-6月のタスク
①【消費】やらないことを決める ②【投資】論文1本執筆と1本投稿(済) ③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
349位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
30位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア