HOME   »  たまにはシゴトしてます   »  中東の企業分析  »  UAE財閥グループの負債リストラと内部資本市場(1/3)

UAE財閥グループの負債リストラと内部資本市場(1/3)

1. はじめに:2014年のUAE企業グループによる負債リストラ動向

本年9月に入りUAEの企業グループの債務リストラ計画についての報告が相次いだ。21日の報道では、政府系の持株会社ドバイ・ワールド社(Dubai World)が負っていた250億ドルの債務の返済スケジュールの再交渉について、近日中に合意される見通しが発表された。また、30日には、民間財閥アル・ジャベル・グループ(Al Jaber Group)が銀行団との推定45億ドルの債務リストラを完了したと報じられた。2009年のドバイショック以降、多くのUAE企業において債務危機が懸念されながらも、政府系・民間の企業グループに関して一応の決着を見つつある。

当初、負債返済の資金繰りに困難を抱えていたUAE企業が、どのように資金調達を行い、債務リストラを進めていくことが出来たのかについては、重要な関心事である。一般的に、発展途上国の企業は、先進国における企業や外資系企業よりも資金調達面で不利な点があると言われる。第一に、途上国の金融システムは銀行中心に形成されており、銀行部門の情報生産能力の低さが、企業部門への資金供給を過少にさせ得る。第二に、株式市場が未発達であるため、投資家からの資金調達が困難である。第三に、企業部門の多くが特定のファミリーに支配されており、経営内容が外部から把握しにくいため、外部資金が入りにくい。これらの企業の資金調達面での困難を緩和するために、途上国ではインフォーマル金融や企業グループ内の内部資本市場が有効に機能しうる。

アブダビ中央銀行 
<UAE中央銀行、2008年10月>

本レポートでは、UAEグループ企業の資金調達と企業グループ内の資金融通を分析するための準備として、企業グループ内の内部資本市場の機能について整理し、ドバイ・ワールドを例に債務整理において内部資本市場がどのような役割を果たしたかについて考察を試みる。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅん

Author:じゅん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちら

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2017年7-9月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる ②【投資】論文2本執筆 ③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
237位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
19位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア