HOME   »  たまにはシゴトしてます   »  中東経済分析  »  UAEの経済発展における政府系ファンドの役割(2/4):「政府系ファンドの役割」

UAEの経済発展における政府系ファンドの役割(2/4):「政府系ファンドの役割」

2. 政府系ファンドの役割

 UAEをはじめとする湾岸産油国にとって、石油収入などの余剰資金を活用した政府系ファンドの成功は、先進国ベースのファンド以上に重要な役割を果たす。将来の人口増加に伴う雇用市場の拡大と、石油依存経済からの脱却のための次世代産業の育成が喫緊の課題であるからである。以下では、発展途上国そして産油国としてのUAE経済における、政府系ファンドの役割について改めて整理する。

 第1に、先進国と比較して景気変動の影響が大きい発展途上国では、国家予算の変動も大きい。経済発展のために長期的な開発計画を企画し、そのための安定した国家予算を必要とする途上国政府にとって国家予算以外の政府系ファンドの存在は、景気循環による景気の波を平準化し、国家予算の過不足を調整する装置とすることができる。

 第2に、国家収入を天然資源に依存できなくなる将来に備え、開発資金を生み出すことができる。例えば、アブダビ投資庁がその使命を「アブダビ首長国の将来の福祉を維持するために資金を投資すること」とし、ムバダラ開発会社が「アブダビ経済の多様化、次世代リーダーの育成、首長国の将来の繁栄の創出」を自身の目的とすることに表されている。

 第3に、国内あるいは地域内の直接投資やM&Aを活性化することで、国内産業の育成やインフラ整備を進めることができる。谷山他[2008]が指摘するように、政府系ファンドが海外企業を買収もしくは株式の保有をすることで、その企業が持つネットワークやノウハウ、企業資産を獲得し、自国内企業の発展のために活用することができる 。また、M&Aを通じて国内の企業を整理・統合し、将来収益の見込まれる企業を選択的に育成することが可能となる。例えば、2013年に中東北アフリカ地域で行われたM&Aの442件のうち、政府系ファンドが19件の取引(145億米ドル)に関与していた。ムバダラ開発会社とドバイ投資会社出資によるドバイ・アルミニウム社とエミレーツ・アルミニウム社の大型合併が好例である 。

 第4に、政府系ファンドによる海外直接投資は、海外経済援助の一翼を担う。ムバダラ開発会社とアブダビ財務省は、ロシア直接投資ファンド(Russian Direct Investment Fund)と共同出資を行い、ロシアへの投資を行っている 。こうした海外直接投資は、両国間の経済協力関係を強化に繋がる。

【参考文献】
谷山智彦・福田隆之・古賀千尋[2008]『政府系ファンド入門』日経BP社。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅん

Author:じゅん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちら

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2017年7-9月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる ②【投資】論文2本執筆 ③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
25位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア