HOME   »  【研究】たまにはシゴトしてます   »  【中東金融】湾岸諸国の金融システム  »  イスラム経済の初期条件

イスラム経済の初期条件

加藤[2006]でイスラム経済について情報整理中。以下メモ;

(pp.78)商業利益にとって重要なのは、取引費用、とりわけものとひとの移動にともなう輸送コストである。イスラム世界の商業は「規模の経済」を実現したが、その原因として、当時として、当時における輸送コストの安さがあったと思われる。実際、これまでの研究成果をみるかぎり、隊商交易の輸送コストは思いのほか低かった(加藤[2002]c)。

(pp.78)イスラム世界の政治権力が遊牧民の首長たちと個々に結んだヒマーヤḥmāyaと呼ばれる契約。

(pp.92)コンメンダなどの企業組織
・・・(pp.103)コンメンダはイタリア語であって、アラビア語では、ムダーラバ、キラードと呼ばれる。それは、損失は資本の提供者がすべて負担する一方、利益は、約定された割合にしたがって、資本の提供者と労働の提供者とが分配する契約である。その起源は、多くの不確定な危険が待ち伏せている隊商での慣行にあるといわれる。

(pp.93)シンドバッドの主人公は、商人、とりわけタージルと呼ばれ、国際貿易を中心に多角的に経済を営む大商人と、契約の作成など、実践的な知識を与え、商人の活動を支えるとともに、かれらが暴走をしないよう倫理的なたがをはめたウラマー(イスラム法学者)であった。

(pp.94)近世(17,18世紀)のカイロの都市社会を研究したフランスのイスラム史家アンドレ・レイモン(Raymond[1973])は、大商人の家系は続いてもせいぜい三代か四代であると指摘している。


【参考文献】
加藤博[2006]『イスラム世界の経済史』NTT出版


イスラム世界の経済史 (ネットワークの社会科学シリーズ)イスラム世界の経済史 (ネットワークの社会科学シリーズ)
(2005/07/09)
加藤 博

商品詳細を見る
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

Jun SAITO(جون سايتو)

Author:Jun SAITO(جون سايتو)
中東湾岸諸国経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Gulf Arab Economy, Financial Development, Family Business and Islamic Finance.
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)(السيرة الذاتية):作成中
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちらResearch Projects

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
2017年10-12月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる
②【投資】論文2本執筆
③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
22位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterのフォローもお願いします
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア