HOME   »  たまにはシゴトしてます   »  中東の企業分析  »  Bhagat,Sanjai and Brian Bolton[2008]“Corporate Governance and Firm Performance,” journal of Corporate Finance 14,pp.257- 273.

Bhagat,Sanjai and Brian Bolton[2008]“Corporate Governance and Firm Performance,” journal of Corporate Finance 14,pp.257- 273.

Bhagat,Sanjai and Brian Bolton[2008]“Corporate Governance and Firm Performance,” journal of Corporate Finance 14,pp.257- 273.メモ

要約
How is corporate governance measured? What is the relationship between corporate governance and performance? This paper sheds light on these questions while taking into account the endogeneity of the relationships among corporate governance, corporate performance, corporate capital structure, and corporate ownership structure. We make three additional contributions to the literature:First, we find that better governance as measured by the Gompers. Ishii. and Metrick and Bebchuk, Cohen and Ferrell indices, stock ownership of board members, and CEO-Chair separation is significantly positively correlated with better contemporaneous and subsequent operating performance.

 Second, contrary to claims in GIM and BCF, none of the governance measures are correlated with future stock market performance. In several instances inferences regarding the (stock market) performance and governance relationship do depend on whether or not one takes into account the endogenous nature of the relationship between governance and (stock market) performance.

Third, given poor firm performance, the probability of disciplinary management turnover is positively correlated with stock ownership of board members, and board independence. However, better governed firms as measured by the GIM and BCF indices are less likely to experience disciplinary management turnover in spite of their poor performance.




1. Introduction

Gompers,Ishii, and Metrick (GIM, 2003)は1990年代の企業パフォーマンスに対するコーポレート・ガバナンスの影響を調査。

three alternative ways of interpreting the superior return performance of companies with strong share-holder rights.
1. 2000年代の直近10年の強い株主権利を持つ会社は、優れた収益パフォーマンスを表していなかったかもしれない。
2. ガバナンス要素はある観察されないリスク要因と相関しているかもしれない。
3. コーポレート・ガバナンスとパフォーマンスの関係は、因果関係の説明についての疑いを引き起こして内性的であるかもしれない。

2. Corporate ownership structure, corporate governance, firm performance, and capital structure

incentive-based economic models of managerial behavior
1. Agency models・・・経営者と株主の利益の不一致は、経営者に、株主の損失が大きくなる行動をとらせる。株主が、直接経営行動を観察することができないならば、契約は活動を妨げることができないけれども、経営者による所有権は、株主の利益と一致する方法で経営者が行動することを説得するために使われるかもしれない。Grossman and Hart (1983)
2. Adverse selection models・・・逆選択モデルは、株主によって観察できない格差がある能力の仮説によって動機づけられる。この設定において、所有権は、キャッシュフローまたはキャッシュフローを生成する彼女の能力についての経営者の個人情報の暴露を引き起こすために使われるかもしれない(それは直接株主によって観察されることができない)。

four simultaneous equations:.
1. Performance=f1(Governance,Ownership,Capital Structure,Z1,ε1) (1a)
2. Governance=f2(Performance,Ownership,Capital Structure,Z2,ε2) (1b)
3. Ownership= f3 (Governance, Performance, Capital Structure,Z3,ε3) (1c)
4. Capital Structure=f4 (Governance, Performance, Ownership,Z4,ε4) (1d)

Economic significance of impact of governance on performance
(1)G指数で測定されるガバナンスの1%の改善は当期の業績の0.854%の変化、来年の業績の0.763%の変化、および次の2年の業績の0.287%の変化と関連する。
(2)総合指数で測定されるガバナンスの1%の改善は、当期の業績の1.874%の変動、来年の業績の1.567%の変動、および次の2年の業績の1.520%の変動と関連する。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅん

Author:じゅん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちら

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2017年7-9月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる ②【投資】論文2本執筆 ③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
31位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア