HOME   »  【研究】たまにはシゴトしてます   »  【中東雑記】中東って面白い  »  なぜエルビルで活況を呈しているのか

なぜエルビルで活況を呈しているのか

イラク関係者の「イラク情勢」についての報告を拝聴した際のメモ。

・イラク北部クルド地域治安は比較的安定している。ただし、最も安定しているエルビルでも渡航情報は「渡航の是非を検討せよ」だが。ちなみに、バスラなど南部4県は、2012年8月3日付けで「退避勧告」から「渡航の是非を検討せよ」に改善している。
・経済関係の大臣にクルド系を任命。外相:ホーシャール・ズィーバーリー(KDP)、貿易相 :ハイルッラー・ハサン・バービキル(PUK)。
・サダム政権時代にクルド系が欧州へ移住。結果、クルド系ビジネスマンは多言語を操ることができる。現在、帰国してイルビルを中心に経済開発(不動産中心)。

さて、以下考察。
・エルビル開発の資金源はどこなのだろう。クルド自治区の石油収入が基盤として、欧州・中国資本か。トルコは?
・アブダビやドバイもエルビルをイラクへの再輸出のゲートウェイにすると考えているがUAE turns focus to Iraq(2013/2/7、khaleejtimes、イルビルの活況は一時的なものではないか。
・イラクの経済閣僚がクルド系ではなくなった場合、エルビル向けFDIはどうなるのか。
・南部4県がさらに安定していくと、バスラ周辺の開発が進むだろう。Khor Al Zubair港のFree Zoneなど(Logistics hub for Iraqi oil(2012/10/25、the National))。

とにかく近いうちに一度エルビルには訪問してみないことには。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

Jun SAITO(جون سايتو)

Author:Jun SAITO(جون سايتو)
中東湾岸諸国経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Gulf Arab Economy, Financial Development, Family Business and Islamic Finance.
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)(السيرة الذاتية):作成中
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちらResearch Projects

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
2017年10-12月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる
②【投資】論文2本執筆
③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
22位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterのフォローもお願いします
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア