HOME   »  【研究】たまにはシゴトしてます   »  【中東企業】湾岸諸国企業の分析  »  上場企業における資金調達構造、設備投資行動

上場企業における資金調達構造、設備投資行動

フィリピン上場企業の企業レベルデータを利用して、財閥系銀行の財閥系企業に対する密接な関係が、負債による規律付けを働かせて過剰投資を抑制する可能性を示すことを目的としている。また、本章では財閥系企業の設備投資と負債比率との関係を分析するために、まず関連銀行を有している財閥系グループを財閥系企業ダミーとして推計を行なっている。しかし、財閥系企業であること自体がどういう意味を持っているのかが明らかには出来ない。そこで、10大株主の所有比率と社歴をデータとして加え、所有比率が高く社歴が長いと予想される財閥系企業について、投資の負債感応度に表れる違いが何から生じているのかを明らかにしたい。

本章の構成は次の通りである。第2節では、企業の資金調達と設備投資の関係財閥グループ形成の便益と費用フィリピンにおける財閥についての先行研究の整理を行なう。第3節では、第2節の先行研究での成果を基に検証仮説の設定を行なう。第4節では、推計モデルの定式化とそれに用いる変数の定義を行なう。第5節では、負債と設備投資の関係についての推計結果を示す。第6節では、分析結果のまとめを行なっている。


【参考文献】
齋藤純[2006] 「財閥系企業における過剰投資問題の検証-フィリピン上場企業の投資の負債感応度-」『アジア経済』5月号
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
こんな人が書いてます

Jun SAITO(جون سايتو)

Author:Jun SAITO(جون سايتو)
中東湾岸諸国経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Gulf Arab Economy, Financial Development, Family Business and Islamic Finance.
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら(Curriculum Vitae)(السيرة الذاتية):作成中
■研究成果の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちらResearch Projects

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
2017年10-12月のタスク
①【消費】やりたいことだけやる
②【投資】論文2本執筆
③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
26位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterのフォローもお願いします
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア