HOME   »  アブダビ生活
Category | アブダビ生活

[アブダビ][医療]アブダビの医療事情

医療機関は大きく国立病院と私立病院に分けられるが、現地邦人は欧米系の私立病院を受診することが多い。

001_2015071416335023a.jpg
アブダビのCorniche病院 2014年1月筆者撮影>

たとえば、邦人からの評価が最も高いブルジール病院(Burjeel Hospital、2012年4月開業)では、国内でも最新の医療機器と外国人スタッフ(アラブ系が多い印象)を揃えているだけでなく、ビュッフェ・レストランやカフェを備えている。

002.jpg
アブダビ、ブルジール病院内のビュッフェ・レストラン 2014年4月筆者撮影>

ただし、外国人の子供がしばしば悩まされる気管支系の疾患などに対しては、咳止めシロップや簡単な薬を処方するだけで済まされることも多く、重篤の場合には日本へ帰国して治療する例も見られた。

IMG_7123.jpg
<閉めきっていても室内まで侵入する屋外のダスト 2014年11月筆者撮影>

アブダビでビザを取得するためには

居住ビザを取得するためには入国管理局(Department of Naturalization and Residency)にて申請手続きをする必要がある。必要書類は2013年6月時点で、

 ①スポンサーによる許可申請書
 ②パスポート
 ③証明写真
 ④銀行口座の入金状況書類(スポンサーからの給与証明書の代替書類)
 ⑤住宅契約書
 ⑥健康診断結果(指定の検査機関において血液検査とレントゲン検査)

が必要だった。

私の場合、ラマダンの時期と重なったこともあり申請から取得まで約3か月も要した。ただし、個人的な印象だが、申請する窓口や都市によって必要書類や手順が異なることがあるので、直接問い合わせることを勧めたい。

 また、付帯家族の居住ビザの申請のためには、①本人と家族のパスポート、②住宅契約書、③スポンサーと本人との雇用契約書、④結婚証明書(英文、在日UAE大使館認証が必要)、⑤銀行口座の入金状況書類(スポンサーからの給与証明書の代替書類)が必要。

こちらも直接、当局に問い合わせることを勧めたい。

アブダビでエミレーツIDを取得するには

エミレーツIDは国内で身分証明書に当たるものであり、国内各所で提示を求められることが多い。一般に、居住ビザ取得手続きと同時並行で行う。所定の申請用紙と健康診断結果をEmiratesID局(Emirates Identity Authority)のサービスセンターに提出し、約1か月後、指定の郵便局で受け取ることができる。

アブダビで銀行口座を開設するには

外国人が現地の銀行で普通預金口座を開設するためには、パスポート、エミレーツID、居住ビザ、過去1か月の給与証明書を窓口に提出する必要がある。

私の場合、居住ビザ発行のための手続きを開始してから取得まで3か月もかかったため、銀行口座の開設はその後になってしまった。現地の口座が開設されるまで、手持ちの現金を用意することを勧める。

 口座の開設後は、口座利用料も無料であり、契約銀行・他銀行問わずATM(ほとんどの場合24時間営業)の利用手数料もかからないため利便性は高い。

銀行支店の多くは、午前8時から午後3時まで営業しているが、大型のショッピング・モール内の店舗については、午後の休業時間を除いて夜遅くまで営業しているため便利である。

UAE国内の統計関連機関

基本統計については、UAEの国家統計局(National Bureau of Statistics)と各首長国に所属する統計センター発行の統計資料を利用することができる。近年、これらの統計機関は積極的にデジタル化に取り組んでおり、大半の統計データや年鑑をウェブサイトからダウンロードすることができる。現地研究者の談によれば、以前は、マクロ統計においても複数の公式統計で整合性の合わないものが発表されていたが、徐々にではあるが整合的な統計データが整備されつつある。しかし、首長国ごとの公式統計の整備状況については、首長国間で依然として差が見られ、アブダビやドバイなどでは比較的整備されているものの、ウンム・アル=カイワインやラアス・アル=ハイマなどの北部首長国では、統計センター自体を見つけることができなかった。

まずUAE全体の公式統計については、UAE国家統計局(National Bureau of Statistics)
アブダビ ・・・ アブダビ統計センター Statistics Centre - Abu Dhabi (SCAD)
ドバイ ・・・ ドバイ統計センター Dubai Statistics Center
シャルジャ ・・・ シャルジャ統計コミュニティ開発省 Department of Statistics and Community Development Sharjah
アジュマーン ・・・ アジュマーン経済開発省 Department of Economic Development
ウンム・アル=カイワイン ・・・ 不明
フジャイラ ・・・ フジャイラ統計センター Fujairah Statistics Center
ラアス・アル=ハイマ ・・・ 不明

まだまだ調査が必要。

UAE大学にお世話になったので簡単に紹介

お世話になったUAE大学について簡単に紹介。

概要: 受入先であるアラブ首長国連邦大学(United Arab Emirates University、以下UAE大学)は1976年に設立された国立大学である。内陸都市のアル=アイン郊外に位置し、80ヘクタールの広大なキャンパスを有する。2014年のデータによれば、14,024人の学生が在籍し(うち学部13,996人、大学院953人)、そのうち約半数はキャンパス内のレジデンスで暮らす。大多数の学生はUAE国籍者である(2014年の学部生13,996人のうち、UAE国籍は10,982人、GCC国籍が426人、その他国籍は2,588人)。

機構: 本大学は9つの学部を有する総合大学である。理学部、工学部、法学部、ビジネス・経済学部、社会文学部、教育学部、農学部、情報技術学部、医学部からなる。また、健康科学、国立水利センター、道路運輸研究センター、公共政策・リーダーシップ・センター、遺伝子科学・バイオ・センター、エネルギー・環境研究センター、ナツメヤシ開発研究センターの7つの研究センターを持つ。

資料整備状況: 本大学は、メイン・ライブラリーと国立医療ライブラリーの2つの図書館を備えている。本学関係者のみならず外部研究者にも広く公開されており、ライブラリアンなどのスタッフによるサポートやコピー機などの各種サービスを利用することができる。

連携: UAE大学は、UAE社会が抱える重要課題に係る研究推進のため、国内機関だけでなく、日本、欧米先進国、アジア新興国、周辺アラブ諸国の各種機関との人的交流を含めたネットワーク強化に積極的に取り組んでいる。共同研究のパートナーになっている日本の機関としては、国際石油交流センター、JX日鉱日石リサーチなどがあり、現在交渉中のパートナーについては、東京大学先端科学技術研究センター、日本国際協力センターなどが挙げられている。

あとでキャンパスの写真等もアップしておこう。

RAKからAbu Dhabiまでバスで移動してみる

RAKからアブダビまでどう移動するか悩んだが、ホテルでRAKのバスターミナルの場所を入手。



海岸沿いのCove Rotana Resortの向かい側。
IMG_1872[1]
ここからAjman、UAQ、Sharjah、Dubai行きのバスが運行。Sharjah(バスターミナル)までの料金は25AED。

途中、Al Hamra Mall RAKなどに停車しながら、1時間20分ほどでSharjah到着。

ここでAbu Dhabi行のバスに乗り換え。料金30AED。夕方の時間帯なのもあって、満席。マッチョな乗客に挟まれると、かなり狭い。
IMG_1987[1]

SharjahとDubaiで渋滞に巻き込まれるが、2時間ほどで無事、Abu Dhabi Bus Stationに到着。

満席だと、空調も聞きにくいので、小まめな水分補給が必要。ただし、トイレに行きたくならないように程々に。

[書店]University Bookshop

University Bookshopは、おそらくアブダビで最もアラビア語の学術書が充実した書店

IMG_1334.jpg

もともとAl Hosn Palace近くにあったが、Al Muroor通りに移転。


書店の場所は、Noor Bankの並び。

[銀行]National Bank of Ras Al-Khaimahの基礎情報

National Bank of Ras Al-Khaimah(RAKBANK) の財務内容を分析中。

・RAKBANKは1976年にRAK首長国に設立。
・2001年に業務再編を行い、業務の中心をホールセール業務・からリテール業務に転換した。
・UAE国内に34支店。
・RAKBANK AMALを通じてイスラム金融業務も行う。
・株式の52.75%はRAK首長国に所有。アブダビ証券取引所(ADX)に上場。

ポータルサイトはこちら
001_2015011000460712f.png

RAKBANK Head Office
P.O.Box 5300, RAK Operations Centre, Emirates Road, Ras Al Khaimah, U.A.E
Telephone: +9717 2062222
Fax: +9717 2435454 / 2435222
Telex: 99210 NBRAKFX EM Cable: BANKWATANI, Swift: NRAKAEAK

アブダビ職業安定所(Abu Dhabi Tawteen Council)

アブダビ職業安定所(Abu Dhabi Tawteen Council;ADTC)には、一度話を聞きにいかないと。

ADTC has been established as a governmental entity in December 2005 in order to support and develop Emiratization strategies and plans in the public and private sectors, and in order to apply the vision of His Highness Sheikh Khalifa bin Zayed Al Nahyan, President of the United Arab Emirates and Ruler of Abu Dhabi, and realize the efforts of the rational leadership of Abu Dhabi which aims to develop the national capacities and provide sustainable employment opportunities for them in the labor market.

The Council, according to the Law of Establishment No (30)/2005, is concerned in a number of tasks and responsibilities that contribute in achieving its goal, most importantly: establish, develop and support strategies, plans, policies and Emiratization programs at the public and private sectors in the Emirate of Abu Dhabi. It is also concerned in establishing and monitoring the mechanisms which aim to enhance Emiratization rates within certain time schedules and in coordination with different employers. On the other hand, the Council, in coordination with the concerned authorities, is making recommendations which aim to direct the academic educational programs and the specialized training programs with the vocational and technical sectors in line with the labor market needs in the Emirate, and consequently to rehabilitate and employ the national employees within a strong and sustainable national economy.


オフィスの場所は、エネルギー省や財務省のとなり。

FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅん

Author:じゅん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

■プロフィール詳細はこちら
■研究活動の詳細はこちら
■研究プロジェクトの詳細はこちら

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
2017年4-6月のタスク
①【消費】やらないことを決める ②【投資】論文1本執筆と1本投稿(済) ③【空費】体重を5kg減
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
21位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近インプットしたメディア