HOME   »  【中東経済入門】
Category | 【中東経済入門】

労働者送金受入国よりも直接投資受入国の方がより、GCC諸国株式市場の影響を受けやすい

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

GCC市場からMENA市場への波及効果

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

GCC諸国からの資金流入と株式市場

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

株式市場の連動性についての先行研究

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

GCC諸国経済の周辺アラブ諸国とアジア諸国への影響

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

GCC諸国と資金受入国の金融市場の連動性

今回の学会報告は以下の内容は以下の通り;


本報告の背景と目的
  • GCC諸国(サウジアラビア、クウェート、UAE、カタル、オマーン、バハレーン)は石油依存経済からの脱却と経済の多様化を目指し、国内企業と株式市場の育成が課題。
  • その一方で、中東北アフリカ(MENA)諸国では、GCC諸国からの直接投資が増加、南アジア・東南アジア諸国向けに労働者送金も増加。
  • 資金受入国では、直接投資や労働者送金などの資金移動を通じて、GCC諸国経済の変動の影響を受けやすくなっているのではないか。
  • 国際資金移動を通じたGCC諸国市場と関係国市場間の連動性について検討。2000年代を対象に、GCC諸国と、GCC諸国からの直接投資受入国、労働者送金受入国の株価データを用いて、株価の連動性について分析。

報告資料についてはこちらへ

アラブ首長国連邦(UAE)の開発戦略の概要

UAEでは連邦政府と各首長国レベルで開発戦略を策定している。ここで紹介する計画は、主に経済・社会全体に関わる計画のみであり、観光や都市開発など特定の産業を対象とした開発計画は数多く企画されている。
  • 連邦政府レベル:2010年に「UAE ビジョン2021(UAE Vision 2021)」発表。
  • 首長国レベル:現在、アブダビ、ドバイ、フジャイラ、ラアス・アル=ハイマで以下の計画が策定されている。
<アブダビ>
  • 「ポリシー・アジェンダ 2007-08(Policy Agenda 2007-08)」
  • 「アブダビ経済ビジョン 2030(Abu Dhabi Economic Vision 2030)」
  • 「プラン・アブダビ 2030(Plan Abu Dhabi 2030)」
<ドバイ>
  • 「ドバイ計画 2021(Dubai Plan 2021)」
  • 「ドバイ産業戦略 2030(Dubai Industrial Strategy 2030)」
<フジャイラ>
  • 「フジャイラ2040(Fujairah 2040)」
ラアス・アル=ハイマ
  • 「RAK南部20か年開発計画(20 Year Development Plan for Southern Region of RAK)」

対UAE直接投資動向

■UAE向け対内FDIは主に、英国(対内FDIストック総額比13.2%)、インド(同5.8%)、フランス(同5.6%)、日本(同5.5%)、米国(同4.2%)から。不動産(同26.6%)、金融(同21.8%)、小売(21.5%)が主(2012年、UAE統計局資料)。
■2007年の対UAE投資186億ドルの内訳:英国45億、日本38億、インド20億、米国11.4億に次いでイランは7.6億ドル(総額の4%)(坂梨[2008])。

UAEの直接投資動向(フロー、単位:100万ドル)
図6
(出所) UNCTAD database より報告者作成。

UAEの対イラン貿易

■2000年以降、UAEのイラン向け輸出が増加。2014年には輸出総額の9.7%まで拡大。 自動車、電気製品、ガソリンなどを輸出。再輸出先としても重要。
■イランからの輸入は、ほぼ横ばい。食品、建築資材、石油化学製品、カーペット、ピスタチオ、陶器、 農産物など。

UAEの対イラン貿易額の推移(2000-14年)
図5
(注)輸出額はFOB、輸入額はCIF基準。
(出所) UNCTAD database より報告者作成。

湾岸アラブ諸国とイランの経済見通し

■石油価格が安定化する中で、楽観的なイランとUAE経済の見通し?
■2020年のGDP成長率予測は、イラン4.4%、UAE3.8%。
図3
■世銀予測では、制裁が解除されればイランの実質GDP成長率は5.1%(2016年)、5.5%(2017年)。
■イランは凍結された海外資産が1,070億ドルあり、制裁が解除されればすぐに290億ドル凍結解除される。
FC2カウンター
こんな人が書いてます

じゅりあん

Author:じゅりあん
中東経済、企業金融が専門の研究者。UAE・アブダビから帰国しました。
Researcher:Middle Eastern Economy, Financial Development, and Islamic Finance
باحث: الاقتصاد في الشرق الأوسط، التنمية المالية، والتمويل الإسلامي.

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
2015年7-9月のタスク
①【消費】日本での生活を早く立て直す ②【投資】英語論文を75%執筆 ③【空費】体重を10kg減
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1259位
アクセスランキングを見る>>
原油価格チェック
Twitterはじめました
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今月のできごと
最近インプットしたメディア